2013年10月27日

3番街のクリスマス②

12月1日の「まちなかフェスタ」の中で3番街の企画のイベントで、特別に押しているのが

「ワックスボール/手作りキャンドル」

東北を忘れない。全国で「命の灯火」を灯そう!

【趣旨】
 2011年3月11日、未曾有の大災害を受け被災した東北地方。多くのボランティアが東北の復旧、復興に関わってきました。その中で宮城県気仙沼市唐桑半島にある鮪立では、2012年3月11日に宮崎県内から「命の灯火」を募り、一斉に灯りをともし、亡くなった方々への鎮魂を祈願するイベントを企画・実施しました。
 「命の灯火」とは北海道の「小樽・雪あかりの路」で使用されているワックスボウルという手作りキャンドルです。このノウハウを同実行委員会から頂き、さらに全国の様々な団体の協力を得ることで実施することができました。
このキャンドルを、全国各地、そして気仙沼市を中心とした東北地方で灯し、「311」を忘れることなく、またその他の災害等で被害に遭われた方を含め、「人への思いやり」を忘れない為に実施するものです。

こんな目的があるワックスボールですが、3番街としては「クリスマスキャンドル」として企画します。

もちろん、この趣旨は明記するつもりですよ。
これは予約が必要ですので、3番街の事務局までお電話かFaxでお申し込みくださいね。

お待ちしてま~~~す
         ひなこ

 



Posted by 都城中央通り3番街協同組合 at 09:36 | Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
3番街のクリスマス②
    コメント(0)