2011年04月07日

新燃岳の降灰除去!

今日は本宮崎日日新聞に嬉しい記事を見つけましたオドロキ

「都城市に1千万円 音楽事業者協会」 拍手
「東日本大震災の陰に隠れてしまったが、新燃岳は今なお危険な状態と心配している。」とのことです。

ありがたいお心使いですよね。
確かに東日本大震災は辛いです。絶望・悲しみ・苦しみ・・・どういっても辛いです。

毎朝の灰を履くたびに「こんなことでへばっちゃいけない!東日本の方に比べたら!!」
と思うものの、やはりこの降灰には気が滅入ります。

国も支援をしてくれました拍手
今、中央通りのアーケードに積もる降灰を除去する作業をやっていただいています。


最初の噴火のあとは降灰がすごかったので、通り会ですぐにメンテナンスしましたが それから何日もたっているのできっと積もっていることでしょう。

手作業で箒ではいてくださっています。
ありがたいなぁと思うひなこですニコニコ



Posted by 都城中央通り3番街協同組合 at 11:27 | Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
新燃岳の降灰除去!
    コメント(0)