スポンサーリンク


上記の広告は一定期間更新のないブログに表示されます。新しい記事を書く事で広告が消す事ができます。

  

Posted by みやchan運営事務局 at 

2010年08月18日

育児情報誌 「RAICHI(ライチ)」2010年8月号 

Raichiはどんな意味なのかしら?
時々、この「みやchan」に登場される育児サークルのお名前です。
都城市こども基金活用事業だそうです。

ひなこは子育てはもう済んでます。
現在進行中のRaichiさんのブログを見ては
「そうそう、なんでもないこんな事に、随分悩んでいたなぁ・・」とか
「へぇ~、こんな風にすればいいんだぁ♪」とか懐かしく思い出してました。

先日、Raichiのすいかさんが情報誌を持ってきてくださいましたプレゼント


全面カラー刷りの中にこれでもか!ってくらいの情報が盛りだくさんに載っています拍手


1面:表紙の【沖水川市民緑地せせらぎ水路】=幼児でも水遊びを楽しめます。と、さりげなく幼児でもいける遊び場紹介です。
       【あこの子どもと楽ちんスイーツ作り】=子供が手伝えるところにハート印が付いています。

2面:【子ども用水着を手作りしてみませんか?】=紙面が少ないので最低限の作り方が載っていますが参考ホームページの紹介もされていますチョキ

    【ゆかりんりんの水遊びのアイデア&水遊びグッズ】=市販のグッズの紹介のほかに発砲トレイやマヨネーズ・ケチャップの空き容器を使うなんてグッドアイデアですOK

3面:【親が守ろう!子どもの病気】=夏に多い子どもの病気を市役所こども課の方に取材をされています。
昔はジーちゃんバーちゃん・トーさんカーさんとの同居が普通で 子どもの病気は代々の知恵で乗り越えてきましたが、核家族になって最大の問題ですね。
最近の新しい病気のことや予防法がわかりやすく載っています。

   【夏のおすすめレシピ】=子どもの健康管理も重要な季節です。(子どもの食事と飲み物のお話)も興味深く読みました花まる
   【教えて!夏の育児のポイント】=こちらもこども課の方に取材されています。専門家の意見は参考にしましょう。

4面【ライチレポート】=宮崎県立都城さくら聴覚支援学校「ひよこぐみ」を取材されています。
障害を持った親御さんの心配は想像を絶するところですが、一人悩まないでも このような施設があることを紹介されているのに
さすがに現役ママさんだと思いました拍手
実はひなこの友人のお孫さんもこの学校に通われています。
都城にもこのような施設があることをもっと広めないといけませんね。
昔はこのような障害を持ったお子さんのことを「宝児(たからご)」と呼んで親だけでなくみんなで大事にしたものです。そんなことを思いました。
   【投稿写真】=読者の方のハンドメイドのお洋服と食べるのがもったいないようなかわいいお弁当の紹介です。

これらの情報が所狭しと載っているこの情報誌はずっしりと重くて読み甲斐のあるものでした。

現役ママさんにも参考になること満載ですが、そろそろバーちゃんになりたいひなこにもとっても参考になりました拍手

今後も長く活動を継続して欲しいと思ったひなこでしたニコニコ


  

Posted by 都城中央通り3番街協同組合 at 10:27 | Comments(2)